生理痛 サプリ

MENU

ひどい生理痛をやわらげるサプリランキング

辛い生理痛を緩和するために効果的なのがチェストツリーをはじめとしたハーブ系成分になります。チェストベリーは医薬品にも使われるほどその効果・効能が認められており、生理痛、PMSの諸症状に効くものとして認知されつつあります。

 

当サイトはそんなチェストツリーを中心に生理痛の緩和に役立つ成分を配合した女性ホルモンのバランスを整えるサポートをするサプリを紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

ムーンラックの特徴

ムーンラックは、生理痛に効くチェストベリーを中心に8種の有用成分を配合したサプリメントになります。生理痛に効果的なチェストベリーを筆頭に、カチプファティマ・ペパーミント・トウキ・キバナオウギ・ケイヒ・テアニン・クエン酸第一鉄ナトリウムなどの成分を含み、痛みだけじゃなく、生理時期の重い症状にもアプローチします。今なら当サイトより特別モニター価格の購入が可能です。

価格 980円
評価 評価5
備考 チェストベリー・カチプファティマ・テアニン・クエン酸第一鉄ナトリウムほか

 

ズキラックの特徴

ズキラックは、ホルモンバランスの乱れが原因の頭痛にアプローチするサプリメントになります。毎月訪れる生理、PMSなどが原因の頭痛も和らげてくれます。有効成分に、フィーバフュー・マグネシウム・アグニ・ケイヒ・シナモン・冬虫夏草・大豆イソフラボンなどハーブからミネラル、生薬など幅広く配合しています。痛みをどうにか抑えたいあなたにおすすめです。

価格 2980円
評価 評価4
備考 フィーバーフュー・マグネシウム・大豆イソフラボンなど

 

女性のミカタの特徴

女性のミカタは、PMSに効果的な成分を配合したサプリメントになります。チェストツリー、月見草など女性ホルモンのバランスを整える成分はもちろん、ラフマなどの精神的な症状にアプローチするハーブ成分も含まれています。

価格 各980円
評価 評価4
備考 定期がお得!980円!

 

サプリとあわせてやりたい痛み緩和法

 

近年、生理痛に悩む女性が増えてきており、生理痛緩和のサプリや薬の種類も多くなっています。今回は、薬を使わず生理痛を和らげる方法をご紹介します。

 

患部を温める

 

生理痛は、血流の悪さが原因の一つとしてあげられます。患部を温めることで血流を良くし、痛みを緩和することができます。

 

お風呂で温めることも効果的できすが、日中いつでも温められる方法として、ホッカイロが入れられる腹巻を使うと良いでしょう。腹巻で腰周りを冷えから守ることができますし、ホッカイロを使うことでより血行が良くなります。

 

また、オフィスワークで身体を動かさない方は、身体全体を冷やさないように注意しましょう。上着やひざ掛けを持参したり、温かい飲み物を飲むようにしましょう。飲み物は生姜湯や紅茶が効果的です。身体の内側から温めてくれます。

 

患部に負担をかけない

 

生理痛の緩和方法として、患部に負担をかけないようにするという方法もあります。寝る際に丸めたタオルを腰の下に置くと、腰と敷布団の間の隙間を埋めることができ、腰への負担が少なくなります。生理痛で腰が痛くなるという方は試してみてください。

 

また、痛いからといって安静にしていると、患部の筋肉が硬化してしまい、逆に痛みを悪化させてしまう場合があります。

 

安静にしている場合はずっと同じ姿勢でいるのではなく、適度に身体を動かしたりストレッチをするようにしましょう。酷い痛みで動けないという場合以外は、なるべく身体を動かすように意識しましょう。また、患部を軽く揉むだけでも効果があります。気持ちいいと思うくらいの強さで揉むようにしましょう。

 

 

 

生理痛の仕組みと原因

 

いわゆる「生理痛」というのは女性特有の痛みで、生理が原因で起こる痛みのことです。では、何故生理は起こるのでしょうか。また、何故生理になることで痛みが伴うのでしょうか。

 

生理とは

 

女性は妊娠するために、毎月子宮内で排卵が行われています。妊娠の準備として、まず子宮内膜が厚くなります。その後、一ヶ月に一回だけ排卵が起こります。

 

しかし、妊娠せずに排卵が終わると、子宮内膜は不要と判断され、血液とともに体外へ排出されます。この排出される機能が生理なのです。

 

生理痛のメカニズム

 

生理痛は不要となった子宮内膜が剥がれることで起こります。剥がれる際に痛みと熱、腫れを引き起こすのが生理痛です。この生理痛の大きな原因物質となっているのが「プロスタグランジン」というもので、炎症を引き起こす物質です。

 

生理痛は重い場合と軽い場合がありますが、これはプロスタグランジンの発生率に左右されます。プロスタグランジンが多く発生されれば生理痛もより重くなるのです。

 

また、生理により血流が悪くなり、腹痛や腰の鈍痛が引き起こされる場合もあります。プロスタグランジンによる炎症は市販薬で抑えることができますが、血液の流れは身体を暖めるなど、普段の生活習慣である程度制御することができます。

 

生理痛とライフスタイルの変化

 

女性の社会進出とともに、生理痛に悩まされている方が多くなってきています。社会進出によるストレスや食生活の変化により、冷え性や血流が悪くなりむくみが起こるという方も多くなっています。

 

これらは生理痛の原因にもなり、昔に比べて生理痛がある方が増えてきていると言われています。近年では生理痛専用の医薬品やサプリも販売されています。自分のライフスタイルを見直しながら、薬やサプリを活用することも一つの手段です。