MENU

アロマテラピーで生理痛を改善しよう

生理痛の症状は痛みだけでなく、イライラしたり憂鬱になったりなど、精神不安定になる方も少なくありません。これらの症状はホルモンバランスが乱れていることが原因と言われています。

 

薬に頼りたくない、病院へ行く時間がないという方は、アロマテラピーで女性ホルモンの働きを促してみてはいかがでしょうか。

 

アロマテラピーがもたらす効果

 

生理時は四六時中痛みを感じるものです。人によっては動けなくなるくらいの痛みを感じる場合があります。また、ホルモンバランスが崩れ精神不安定になったり、ずっと痛みを感じることでストレスを感じてしまいます。

 

アロマテラピーはそのような生理中の精神を安定させるだけでなく、種類によっては鎮静効果が期待できるものもあります。自然の力で生理痛を緩和できるので、身体への負担も少なくてすみます。

 

効果のあるアロマ

 

アロマオイルは様々な種類があります。その中でもストレスに効くとされているのが「イランイラン」「サイプレス」「ネロリ」の三種類です。

 

イランイランは甘く濃厚な香りで、生理痛にも効くと言われています。また、不安感や緊張感を和らげる効果があり、肌に塗ると美膚効果も期待できます。

 

サイプレスはヒノキに似た香りで、体臭予防にも効果があります。また、むくみやセルライトにも効果があるので、ダイエットをしている方にオススメです。

 

ネロリはオレンジの香りに少し苦味が混じったアロマです。ストレスによる体調不調を改善してくれたり、新陳代謝を促進する効果があります。

 

痛みに効くとされているのが「カモミール」「クラリセージ」「ゼラニウム」「ラベンダー」の四種類です。カモミールは爽やかな甘い香りで、生理痛以外にも様々な痛みに対して効果があります。また、精神的なダメージに対しても有効です。

 

クラリセージはナッツのような甘い香りで、生理痛や肩こり、筋肉痛に効果的です。精神的なトラブルを鎮静化させる効果もあります。

 

ゼラニウムはハーブの爽やかさとローズの香りで、生理痛や更年期障害に効果的です。情緒不安定な時にも効果があります。また、肌に塗ることでアンチエイジングが期待できます。

 

ラベンダーは爽やかな香りで、リラックス効果と安眠効果があります。生理痛や胃痛、頭痛にも効果的で、免疫力をアップさせてくれる効果もあります。