MENU

生理痛対策には適度な運動を

生理痛の対策方法の一つとして、適度な運動があげられます。週に数回運動する人とそうでない人と比べると、運動している人のほうが生理痛は軽いという意見があります。また、生理痛時のイライラや不快感は、散歩などの軽い運動で解消することができます。

 

室内でできる運動

 

生理痛を緩和する運動方法として、ブリッジと骨盤回しが効果的です。

 

ブリッジはまず仰向けに寝て、腕と足で腹部を持ち上げます。そのまま1分ほどキープします。この運動を毎日続けるだけでお腹の血流が良くなり、生理痛が緩和されます。寝る前のリラックスタイムや寝起きの目覚ましに行い、習慣付けるようにすると良いでしょう。

 

骨盤回しは凝り固まった筋肉による生理痛に効果的です。まず仰向けに寝て、手を頭の後ろで組みます。両足を伸ばし、そのまま膝を胸に引き寄せます。膝を曲げた状態で身体の外側へ倒します。床に触れないようギリギリの位置でキープします。

 

次に、円を描くように膝を回し、徐々に膝を伸ばしながら逆の足に近付けます。伸ばした膝を再び曲げながら、逆の膝の上に膝をクロスさせ、直角に交わる位置に持っていきます。そこから膝を最初の胸の位置に戻します。

 

以上を1回で、5回ずつ、両足とも行ってください。

 

室外でできる運動

 

生理中はあまり激しい運動は避けましょう。貧血状態で運動をすると倒れてしまう危険があります。また、生理中は体内器官が低下しているので、疲労を上手く取り除くことができません。

 

生理中にオススメの運動はウォーキングです。30分ほど歩くだけで効果があります。また、ダイエットにも効果的なので是非日課にしてください。