MENU

生理痛対策〜腰痛編〜

普段は腰痛がないのに、生理時にだけ腰痛を感じる方は多いと思います。これは生理により身体の中で変化が起こっているからです。生理時の腰痛の原因は、大きく分けて二つあります。

 

月経前緊張症

 

生理前に起こる腰痛で、生理が始まると症状が治まるものです。殆どの女性が経験する痛みと言われています。

 

月経前緊張症はホルモンの影響で起こります。卵巣ホルモンの一種が関節を緩める働きをするため、筋肉や腰へストレスがかかり、腰痛が起こります。

 

また、黄体ホルモンという物質が、子宮を収縮させるプロンスタグランジンという成分を分泌させ、この分泌量が多いと腰痛を感じることがあります。

 

月経困難症

 

生理中に症状が出る、生理痛の一種です。若年女性に多く見られ、年齢とともに減少していきます。月経困難症による腰痛の原因は大きく分けて三つあります。

 

血行不良により骨盤に血液が貯まり、腰痛を引き起こすケース、骨盤のゆがみにより腰に負担が掛かり腰痛になるケース、月経前緊張症と同じくホルモンのバランスにより腰痛が起こるケースの三つです。

 

生理時の腰痛対策方法

 

まず、生理時に腰痛が起こる原因を知ることが大切です。

 

ホルモンバランスによる腰痛であれば、食生活や生活習慣を見直しましょう。重篤な場合は産婦人科へ行きましょう。血行不良による腰痛は身体を温めることが大切です。生理中でも湯船にゆっくり浸かり、身体の芯から温めるようにしましょう。

 

また、飲み物は温かい飲み物を飲むようにしましょう。生姜湯など、身体を温めてくれる物が入っている飲み物を飲むとより効果的です。

 

骨盤のゆがみによる腰痛は、骨盤矯正マッサージをしましょう。自宅で簡単にできる方法もありますが、骨盤のゆがみは外から見えないものなので、一度整体で診察してもらうのが良いでしょう。