MENU

酷い生理痛は医療機関へ

毎月体験する生理痛ですが、個人によりその痛みの程度には差があります。また、痛みや違和感があまりない方でも、実は病気の初期症状にかかっているという場合もあります。

 

生理痛は初期症状がないことが殆どです。少しでも変だなと感じたら、我慢せず早めに産婦人科へ行きましょう。

 

病気でなくても病院で治療は可能

 

酷い生理痛の場合、病院で診察してもらい生理痛を軽くしてもらうことができます。病気でなくても、酷い生理痛の場合、日常生活に支障をきたす場合もあります。病院で適切な治療を受ければ、生理痛による悩みを解決することができます。

 

産婦人科というと敷居が高いイメージがあったり、妊娠していない女性が行くには抵抗があると感じる方も多いと思います。しかし、女性の社会進出にともない、生理痛に悩む方は増えています。

 

そのような背景もあり、近年は妊娠以外でも産婦人科を利用している方は増えているので、生理痛に悩んでいる方は早めに病院へ行きましょう。

 

産婦人科での診察方法

 

まず、診察の最初は問診から始まります。生理痛の具体的な症状、生活習慣、妊娠や出産に関わることなどを医師に伝えます。病院へ行く前に、あらかじめどのような症状があるのか、自分の中でまとめておくと良いでしょう。しっかりと現状を伝えることで、自分でも気付かなかったことが問診で新たに判明することもあります。

 

次に内診を行います。下着を脱いだ状態で専用の診察台にあがり、子宮や卵巣を診察します。視診や触診の他に、超音波で子宮内部を調べることもあります。

 

その他に、MRIや血液検査、尿検査やおりものの検査など、内診は多岐に渡ります。しっかりと検査することで生理痛の原因を究明します。

 

女性のデリケートな部分にあたる診察内容なので、生理中に診察に行くのは避けましょう。また、男性医師に抵抗がある方はあらかじめ病院を調べ、女性医師が居る病院へ行くようにしましょう。場合によっては通院の可能性もあるので、負担にならないような病院選びをしましょう。