MENU

ストレスは生理痛の原因になる?

生理痛は様々な要因で引き起こされる症状ですが、その中の一つに「ストレス」があげられます。生理痛の直接の原因になりそうもないストレスですが、どのようなメカニズムで生理痛を酷くさせてしまうのでしょうか。

 

ストレスによる体内機能の低下

 

生理痛の原因の一つとして、血行の悪さがあげられます。外部からストレスを受けることで、体内のホルモンや自律神経のバランスが崩れてしまい、血行が悪くなってしまいます。このようなメカニズムで生理痛は酷くなってしまうのです。

 

また、ストレスにより体温調節の機能も低下し、生理中に不快感を感じやすくなり、これもストレスに繋がってしまうのです。

 

現代社会の女性が抱えるストレス

 

女性の社会進出とともに、仕事や人間関係でストレスを受ける場面は多くなってきています。また、仕事に生活習慣が左右され、不規則な生活を送ってしまうという方も少なくありません。乱れた生活習慣は生理痛を重くしてしまう原因になります。

 

仕事で抱えるストレスは、休みの日に趣味や友達と遊びに行くことで解消しましょう。深刻な場合は転職も視野に入れるようにしましょう。何がストレスになっているのかを見つけ、根本的な解決方法を探すのも良いでしょう。

 

乱れた生活習慣は、自分から意識して変えていくようにしましょう。例えば外食が多い方は、バランスのとれたメニューを選びましょう。働きすぎで自分の時間が取れない方は、上司と相談したり同僚の助けを得るようにしましょう。仕事のしすぎで身体を壊してしまったら本末転倒です。

 

ストレスは生理痛だけでなく、他の病気の原因にもなります。なるべくストレスのかからない生活を送るように意識しましょう。