MENU

生理痛にも種類がある?種類別の症状と改善方法

女性特有の悩みでもある生理痛ですが、生理痛には種類があります。自分がどのようなタイプかチェックし、対策をしておくと毎月の悩みも少なくなるかもしれません。

 

陽虚内寒タイプ

 

陽虚内寒タイプの主な症状として、手足の冷え、腰のだるさ、整理後の痛み、経血量が少ないということがあげられます。

 

陽虚内寒タイプは冷え性の方に多く見られます。身体を暖めることで改善できます。毎日の入浴や身体を暖める食べ物やグッズを使い、身体を冷やさないようにしましょう。

 

湿熱下注タイプ

 

湿熱下注タイプの主な症状として、整理前に痛みを感じる、時々発熱をする、尿の量が少なく濃いということがあげられます。

 

湿熱下注タイプは陽虚内寒タイプとは反対で、身体に熱が貯まることで起こります。なので、身体の外へ熱を逃がすようにしましょう。熱を逃がす食べ物として、海藻類やきゅうりなどがあげられます。また下半身のストレッチを行うことでも効果があります。

 

気滞血淤タイプ

 

気滞血淤タイプの主な症状として、日常的にストレスを感じている、整理初期に痛みがある、レバー状の経血が出る、不眠、過食傾向があげられます。

 

気滞血淤タイプはストレスの改善をすることが重要です。自分にとってリラックスできたりストレス解消できるものを積極的に取り入れていきましょう。また、柑橘類や鶏肉を食べると効果的です。柑橘類の匂いはリラックス効果もあるので、積極的に取り入れていきましょう。

 

気血両虚タイプ

 

気血両虚タイプの主な症状として、整理後に痛みが出る、顔色の悪さ、食欲不振、経血量が少ないということがあげられます。気血両虚タイプはカルシウムやマグネシウムが入っている食品を積極的に取り入れましょう。

 

腎陰虚タイプ

 

肝腎陰虚タイプの主な症状として、生理前から痛みが出る、経血量が少なく色も薄い、のぼせやすい、耳鳴りということがあげられます。

 

肝腎陰虚タイプは元々身体が弱い方に多く見られるタイプなので、毎日運動をして体力を付けましょう。
また、血液量を増やすため、鉄分が豊富なほうれん草や、ヘモグロビンの合成を助けてくれるレバーを食べるようにしましょう。