ルナベリー

MENU

ルナリズム

女性なら誰しもが経験したことのある生理前のイライラ。人によって症状は様々ですが、中には不眠に陥ってしまったり、思うように物事が考えられなくなる、涙が止まらないなどといった深刻な症状が出る方もいるのです。

 

そういった生理前特有の症状を「PMS」と呼びます。このPMSを和らげて楽にしてくれるのが「ルナベリー」なのです。中にはPMSの症状が出ない方もいますが、婦人科に相談に来るほど深刻な方もいるのです。

 

そんな、PMSで深刻な悩みを抱えている人に飲んでいただきたいのです。ルナベリーは薬や漢方などではなく、「ハーブ」です。ハーブの力で無理がなく優しく効いてくれるので女性にはとても嬉しいですね。

 

本当に効くのかというのも心配な方もいらっしゃるかと思いますが、ルナベリーを飲んだほぼ全ての方が生理前の疑心暗鬼になっていた不安定な情緒が楽になった。主人に八つ当たりをしていて夫婦仲もギクシャクしていたのが、穏やかに接せれるようになった。など多くの方がその効果を実感しています。

 

ルナベリー

 

ルナベリーに含まれる有効成分

 

まず、「チェストベリー」です。チェストベリーとは生理不順やPMSに悩まされてきた女性に昔から親しまれてきたハーブです。次に「月見草」です。月見草は皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?あの有名なお茶にも含まれていますね。月見草はイライラや憂鬱な気分を和らげてくれる効果がある古くから歴史のあるハーブです。

 

次に「ブラックコホシュ」ブラックコホシュは女性特有の生理痛や妊娠中女性の陣痛などを和らげてくれます。また不安を取り除いてくれる効果もあるハーブです。次に「ワイルドヤム」です。ワイルドヤムは女性なら誰もが嬉しい脂肪燃焼効果やバストアップにも効果があるとされているハーブです。

 

次に「レッドクローバー」です。レッドクローバーは精神を安定させてくれる働きがあるとされています。また、体の調子を整えてくれることでも知られているハーブです。次に「ピクノジェノール」です。このハーブはビタミンEの170倍、ビタミンCの340倍の効力を持つと言われており、ハーブの中で一番有効力があるとされています。
冷え性や肩こりに効果てきめんです。

 

次に「パッションフラワー」です。このハーブは精神を安定させる効果があり、主に不眠などに効くとされています。イライラなどを鎮めてくれる効果もあります。次に「イチョウ葉」です。イチョウ葉は循環器系によく効くので血液をさの循環をよくし、冷えや肩こりなどを緩和してくれる効果があります。次に「亜麻仁」です。このハーブは体調を整える効果があり、亜麻仁の油の摂取と断食を同時に行うとガンを自然治癒してくれる働きがあるというから驚きです。

 

ルナベリーはネットでも手に入りますし、主に皆さんは楽天で多く手に入れられているようですね。これだけのハーブが含まれているなら、効果はかなり期待できますよね。PMSに悩まされている方はこの「ルナベリー」を試してみてはいかがでしょうか。

 

▼ルナベリーの公式サイトはコチラ▼

ルナベリー